ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水大気環境課 > 優良浄化槽保守点検業者認定制度

優良浄化槽保守点検業者認定制度

優良浄化槽保守点検業者認定制度とは

愛知県では、令和2年度から優良浄化槽保守点検業者認定制度を開始いたしました。

  • 浄化槽保守点検業の実施に関し優れた能力及び実績を有する者優良浄化槽保守点検業者として認定する愛知県独自の制度です。
  • 令和元年度、浄化槽保守点検業者の登録に関する条例の一部改正により、全国で初めて創設いたしました。
優良浄化槽保守点検業者一覧
番号業者名保守点検業
実施市町村
電話番号
Webサイト
優良
認定日
1尾張テクアス株式会社一宮市、春日井市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、岩倉市、愛西市、清須市、北名古屋市、あま市、豊山町、大口町、扶桑町、大治町、蟹江町

0586-85-7316

https://www.owari-t.co.jp/

R2.6.22
2ダイエイテクノ株式会社一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、大治町、蟹江町、飛島村、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、幸田町

0562-33-1802

http://d-tec.life.coocan.jp/dt/company.html

R2.11.30
3有限会社マルハチ半田市、常滑市、知多市、阿久比町、南知多町、美浜町、武豊町

0569-42-2976

http://m-hachi.jp/

R3.1.5
4輪栄工業株式会社一宮市、瀬戸市、春日井市、豊川市、安城市、西尾市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、知立市、尾張旭市、岩倉市、日進市、清須市、北名古屋市、あま市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、大治町

052-241-3378

http://rineikk.com/business/jokaso/

R3.2.2
5株式会社知多環境保全センター半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、高浜市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町

0569-62-1121

https://cepc.co.jp/

R3.8.13

*番号は優良浄化槽保守点検業者の認定順

優良浄化槽保守点検業者とはどんな業者?

  • 5年以上の実績を有し、法令遵守や浄化槽保守点検の適正な実施など、業界をけん引するリーダー的存在として位置付けています。
  • 優良浄化槽保守点検業者に所属する浄化槽管理士は、一般の浄化槽管理士よりも頻繁に研修を受講するなど、日頃から知識と技能の研鑽をしています。
  • 優良浄化槽保守点検業者は登録期間が通常の3年から5年へ延長されます。
  • 優良浄化槽保守点検業者は、一宮市に登録申請しなくても、みなし登録されます。

   優良浄化槽保守点検業者認定ロゴマーク

   優良浄化槽保守点検業者認定ロゴマーク    優良浄化槽保守点検業者認定ロゴマーク

優良浄化槽保守点検業者の認定基準

優良浄化槽保守点検業者の認定基準(条例第2条関係)として、下記の6項目が定められております。

  1. 遵法性

 過去5年間において、次の不利益処分を受けていないこと。

  • 保守点検又は清掃についての改善措置命令(法第12条第2項)
  • 浄化槽工事業の登録の取消し又は停止命令(法第32条第2項)
  • 浄化槽清掃業の許可の取消し又は停止命令(法第41条第2項)
  • 浄化槽保守点検業の登録の取消し又は停止命令(条例第13条第1項、もしくは県内各保健所設置市の条例に基づく処分)
  1. 事業の透明性

  申請の前日までに、インターネットを利用する方法により以下の情報を公表していること。

  • 氏名又は名称、住所
  • 営業所の名称及び所在地
  • 設立年月日、資本金又は出資金
  • 代表者、役員の氏名及び就任年月日
  • 営業区域に係る市町村名
  • 浄化槽保守点検業の内容
浄化槽保守点検業の内容

・受託可能な浄化槽の規模(人槽等)

・保守点検業務の価格帯

・浄化槽保守点検業に関連する業務の名称

・所属する浄化槽管理士の人数等関連する事項

⇒浄化槽管理士の管理士番号も掲載することが望ましいが、個人情報に該当するため、本人(浄化槽管理士)の同意(本人の個人情報が、個人情報取扱事業者によって示された取扱方法で取り扱われることを承諾する旨の当該本人の意思表示をいう。)を得ること。

  1.  財務体質の健全性

 法人税、消費税、住民税(県民税及び市町村民税をいう。)、事業税、地方消費税、不動産取得税、固定資産税、事業所税及び都市計画税、社会保険料(所得税法(昭和四十年法律第三十三号)第七十四条第二項に規定する社会保険料をいう。)並びに労働保険料(労働保険の保険料の徴収等に関する法律(昭和四十四年法律第八十四号)第十条第二項に規定する労働保険料をいう。)を滞納していないこと。

財務体質の健全性に関する提出書類
対象
書類の取得先提出書類
法人税、消費税、地方消費税税務署納税証明書(その3の3)
県民税、事業税、不動産取得税県税事務所納税証明書
市町村民税、固定資産税、事業所税、都市計画税市役所、町村役場納税証明書
社会保険料年金事務所社会保険料納入証明書(直近2年分)
労働保険料愛知労働局労働保険料・一般拠出金納付証明書(直近3年分)

⇒ 未納がないことを証明してください。保険料については、県内すべての事業所に係るものを提出してください。
⇒ 年度を指定する必要があれば、現登録期間(3or5年分)  又は発行可能な期間すべて

  1. 継続性

○ 5年以上引き続き県内において浄化槽保守点検業を営んでいること。

○ 当該登録の申請日の年度(4/1~9/30は前年度)の前2年度のいずれかの年度において、県内において年150回以上(R2年度申請分)の浄化槽の保守点検を行っていること。

  1. 受託する浄化槽管理者の遵法性

○ 当該登録の申請日の年度(4/1~9/30は前年度)の前2年度のいずれかの年度において、保守点検を行った合併処理浄化槽のうち、法定検査(7条、11条)、保守点検及び清掃(以下「法定検査等」という。)が全て実施されている浄化槽の割合が51%(R3年度申請分より。⇒毎年度改定予定。)以上であること。

 浄化槽の保守点検を行った回数(下表左欄) に応じて、今後5年間で、保守点検を行った合併処理浄化槽のうち、法定検査等が必要な回数行われているものとして合併処理浄化槽の割合が、下表右欄の数値目標を達成すること又は法定検査等を全て実施する単独処理浄化槽の基数を申請時より向上させること。

法定検査等の目標値(R3年度申請分より)
浄化槽の保守点検を行った回数数値目標
単独処理浄化槽 300回以上かつ
合併処理浄化槽 300回以上
56%
上記以外61%

⇒ 達成できなかった場合は、次回の優良認定が受けられないことがあります。

  1. 研修の受講

○ 所属する浄化槽管理士が、愛知県等が実施する研修を2年に1度以上、受講していること。

⇒ 初回の優良申請時においても、適用されます。
⇒ 申請日から過去2年以内に浄化槽管理士研修会を修了した浄化槽管理士は受講を免除します。
(過去に愛知県のいずれかの浄化槽保守点検業者の浄化槽保守点検業者登録簿の「登録に係る事項」として記載されたことのない者であって、申請日から過去2年以内に他県等で浄化槽管理士研修を受講した浄化槽管理士は申請及び届出の際は受講していなくても構いませんが、速やかに愛知県等が実施する研修会を受講してください。)
⇒ 研修会は、年間5~6回(2か月に1回)程度予定

*申請書の様式等

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/mizutaiki/jokasin.html 

関連リンク

浄化槽をお使いの皆様へ(浄化槽管理者向け)

浄化槽保守点検業者向け

啓発パンフレット・チラシ

問合せ

愛知県 環境局 環境政策部 水大気環境課 生活環境地盤対策室
生活環境グループ
TEL 052-954-6219
FAX 052-953-5716
E-mail seikatsujiban@pref.aichi.lg.jp