ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 防災・危機管理 > 防災 > 避難所の運営対策(愛知県避難所運営マニュアル)

避難所の運営対策(愛知県避難所運営マニュアル)

 災害時に、円滑な避難所運営を行うためには、県や市町村などの行政機関だけでなく、施設管理者や避難所を利用する地域の方々の協力が不可欠です。
 愛知県では、災害時に県内全域で速やかに避難所を運営するための標準的なマニュアルとして「愛知県避難所運営マニュアル」を作成しています。
 平成26年度には、東日本大震災での教訓を踏まえた平成25年の災害対策基本法の改正や「避難所における良好な生活環境の確保に向けた取組指針(内閣府)」等を受け、マニュアルの内容を全面的に見直し、改訂しました。
 さらに、平常時から、市町村が地域住民と協働し、このマニュアルを活用して、避難所となる施設ごとの運営検討や訓練などを実施し、避難所を軸とした防災・減災の地域づくりを行えるよう「愛知県避難所運営マニュアル活用の手引き みんなで考えよう!避難所のこと」を作成しました。
 いざという時のために、県内各市町村や地域で、マニュアルや手引きをご活用いただき、避難所となる施設ごとの備えを進めてくださるようお願いします。
 なお、マニュアル及び手引きの内容は、災害の経験や各種計画の変更などに合わせて、今後も継続的に見直す予定です。

愛知県避難所運営マニュアル等のイメージ

愛知県避難所運営マニュアル等のイメージ

1 目的

(1)愛知県避難所運営マニュアル

 災害時に県内全域で速やかに避難所を運営するための標準的なマニュアルとなること。また、市町村が地域住民などと協働し、避難所となる施設ごとに地域の実情を踏まえて作成するマニュアルの参考となること。

(2)愛知県避難所運営マニュアル活用の手引き「みんなで考えよう!避難所のこと」

 平常時から、市町村が地域住民と協働し、愛知県避難所運営マニュアルなどを活用して、避難所となる施設ごとの運営検討や訓練などを実施し、避難所を軸とした防災・減災の地域づくりを行うことができるようにすること。

2 経緯

平成10年3月 作成 

  • 愛知県の直下型地震に対する総合的な対策を取りまとめた「愛知県直下型激甚災害対策大綱~地震プロジェクト・A~」(平成8年7月)において、避難所運営マニュアルの必要性が指摘されましたが、その作成が難しいこともあり、市町村からの要望を受けて、県が標準的なマニュアルを作成することとなりました。
  • 愛知県避難所運営マニュアルは、「愛知県直下型大地震対策調査研究報告書」(平成8年3月)を骨格とし、阪神・淡路大震災での実践資料なども踏まえ、林春男京大教授を委員とする「愛知県避難所マニュアル研究会」の指導を得て、平成10年3月に作成しました。

平成17年4月 改訂

  • 新潟県中越地震の教訓を踏まえ、屋外避難者や災害時要援護者の避難長期化の課題に対応。

平成18年12月 改訂

  • 災害時要援護者支援策を充実。

平成27年3月 全面改訂

  •  東日本大震災の教訓を踏まえた災害対策基本法の改正や「避難所における良好な生活環境の確保に向けた取組指針(内閣府)」等を受け、内容を全面的に見直し。
  •  「愛知県避難所運営マニュアルの改正に係る検討会議」を設置し、検討。
  •  災害時の使いやすさを重視し、災害時の対応に特化した「マニュアル」と、平常時から対策を検討するための「手引き」の大きく2つに分割。
  •  詳しくは、「愛知県避難所運営マニュアルの改訂について」をご覧ください。

愛知県避難所運営マニュアルの改訂について(平成26年度)

3 特徴

(1)愛知県避難所運営マニュアル

 災害発生後に避難所を開設・運営するために必要な、標準的な事項をまとめました。

使いやすさを重視

  • 避難所の運営に携わる人々(市町村職員、施設管理者、地域住民等)の見やすさを重視し、文字サイズを大きくし、イラストや写真も多く配置しました。
  • 手順を一つずつ確認できるよう、本文をチェックリスト化しました。
  • 避難所となる施設に合わせて検討したことを記載する欄を設けました。

東日本大震災で被災地支援のため派遣された県職員の経験を反映

  • 東日本大震災の被災地支援で派遣された県職員が、宮城県多賀城市の避難所で使用したマニュアルを参考に業務や避難所内のレイアウト例を追加したほか、県職員が被災地で撮影した写真も掲載しました。

(2)愛知県避難所運営マニュアル活用の手引き「みんなで考えよう!避難所のこと」

 平常時に県のマニュアルを参照し、避難所となる施設ごとに運営検討を進めるための手順や訓練の実施方法を整理し、まとめました。
 また、市町村が地域住民と協働し、避難所を軸とした防災・減災の地域づくりを行うための取組を紹介しています。

  •  市町村が地域住民との協働の場で活用しやすいよう、親しみやすい表現を用いました。
  • 防災に関心の薄い地域でも取り組みやすいよう、「家族を守りたい」という個人の視点から、地域全体で防災に取り組む活動まで、段階に合わせて活用できる構成としました。

4 マニュアル及び手引きのダウンロード

 マニュアル及び手引きは、以下からダウンロードすることができます。

(1)愛知県避難所運営マニュアル

 愛知県避難所運営マニュアルは、避難所を運営するための標準的な事項をまとめたものです。地域や避難所となる施設の実情に合わせて内容を見直し、適宜追加・修正してお使いください。

PDF版

愛知県避難所運営マニュアルの使い方

愛知県避難所運営マニュアル(本編)

様式集

資料集

リーフレット集

避難所運営委員会及び各運営班の業務

ワード、エクセル版

(2)愛知県避難所運営マニュアル活用の手引き「みんなで考えよう!避難所のこと」

 愛知県避難所運営マニュアル活用の手引き「みんなで考えよう!避難所のこと」は、市町村が地域住民と協働し、避難所を軸とした防災・減災の地域づくりを行うためのテキストとしてご活用ください。

愛知県避難所運営マニュアル活用の手引き「みんなで考えよう!避難所のこと」

5 参考

 市町村が「愛知県避難所運営マニュアル」を利用する場合、事前にファイルを追加・変更することが必要となる主な箇所をまとめましたので、参考にしてください。

市町村が「愛知県避難所運営マニュアル」を活用する場合に追加・変更が必要となる主な箇所

問合せ

愛知県 防災局 災害対策課 支援グループ
電話 052-954-6149(ダイヤルイン)
FAX 052-954-6912
E-mail: saigaitaisaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)