ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 都市計画課 > 都市計画の概要

都市計画の概要

都市計画とは

 都市計画とは、都市の健全な発展と秩序ある整備を図るために策定される計画で、「土地利用」、「都市施設」及び「市街地開発事業」に関する計画をマスタープランに基づいて総合的・一体的に定めることにより、市民が「安全で、住みやすく、働きやすい都市」をめざして策定するものです。

 都市計画法は、都市計画を実現するために都市計画の内容及びその手続、都市計画制限、都市計画事業、その他都市計画に関し必要な事項を定めています。

 具体的には、都市計画区域を市街化区域と市街化調整区域に区分する区域区分や用途地域に代表される地域地区などの土地利用に関する制度、道路、公園及び下水道など都市施設の整備並びに土地区画整理事業を始めとする市街地開発事業の都市計画事業などがあります。

都市計画の枠組み

愛知県の都市計画

 愛知県では、都市計画に関る仕事を都市計画課都市整備課公園緑地課下水道課住宅計画課建築指導課で行っています。ここでは、都市計画課の主な仕事について紹介します。

都市計画の決定について

 都市計画課では、都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(都市計画区域マスタープラン)、市街化区域及び市街化調整区域の設定(区域区分)、用途地域等の地域地区並びに都市計画道路等の都市施設の都市計画決定(変更)を行っています。

○ 都市計画区域マスタープラン

○ 土地利用のルール(区域区分、用途地域等)

○ 都市計画道路等の都市施設(都市の基盤づくり)

愛知県都市計画審議会について

 都市計画審議会では、都市計画の決定等について調査・審議しています。
 環境影響評価を実施する必要のある都市施設及び市街地開発事業に関する案件については、都市計画審議会の議決により環境影響評価調査専門部会を設置します。

○ 愛知県都市計画審議会

都市計画に関する調査について

 都市の現況を把握し、都市計画の見直し検討の基礎資料とする「都市計画基礎調査」、人の動きや物の動きを捉え、総合的な都市交通体系のあり方を検討する「都市交通計画調査」を実施しています。

○ 都市計画の調査

都市計画に係る環境影響評価について

 環境影響評価(アセス)は事業者が行うものですが、道路や土地区画整理事業など都市計画決定(変更)を行うものについては、都市計画決定権者が都市計画の手続に併せて行います。

○ 都市計画における環境影響評価

都市計画関係課