ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告38号の目次へ戻る

茶園隣接水田における地下水中硝酸態窒素の動態と水稲被害

今井克彦・恒川 歩・柴山浩子・糟谷真宏
摘要:西三河洪積台地の茶園に隣接する水田で、窒素過剰による水稲の倒伏被害が発生した。そこで、被害発生の様相と原因を明らかにするために、水稲の生育と水田内における硝酸態窒素の動態の調査と併せて簡易貫入試験法による土層構造を調査した。貫入試験の結果、茶園の下層にある砂土層が隣接水田の表層と同じ層であったため、茶園から排出された高濃度の硝酸態窒素を含む地下水が水田の作土直下から作土へ直接流入していた。流入した硝酸態窒素は、作土中で完全に脱窒されず多量に残存し、残存した窒素を水稲が過剰に吸収した結果、倒伏したものと推察された。

キーワード:硝酸態窒素、水稲の倒伏、茶園、簡易貫入試験法、地下水
全文ダウンロード PDFファイル
159kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る