ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告38号の目次へ戻る

てん茶の点滴施肥栽培における自動灌水制御器による節水灌漑

白井一則・辻 浩孝・木下忠孝
摘要:てん茶の点滴施肥栽培において、愛知農総試で開発されたテンシオメータを利用した自動灌水制御器による節水灌漑の効果を検証した。
1 点滴チューブ横10p、深さ20pに埋設したテンシオメータにより、土壌水分が設定pF値を超えると直ちに灌水する灌水制御を行った。その結果、制御器の作動期間中の土壌水分は、設定pF値を超えることはなかった。
2 自動灌水制御器を導入した点滴施肥は、従来のタイマーで制御された点滴施肥栽培に比べ、年間で75%程度の節水効果が見られた。
3 本自動灌水制御による収量・品質は、タイマー制御された従来の点滴施肥システムと比べて、同等以上であった。

キーワード:チャ、てん茶、点滴施肥、テンシオメータ、自動灌水制御器
全文ダウンロード PDFファイル
122kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る