日本の交通ルールをご存知ですか

基本的な交通ルール

県内では交通事故が多発し、外国人が被害者や加害者となるケースも増えています。交通事故にあわないために、次のような基本的なルールをしっかり守ってください。
  • 歩行者は右側通行、自動車や自転車は左側通行です。
  • 自動車と歩行者では、歩行者優先です。
  • 交通信号と道路標識に従ってください。
  • 警察官の指示に従ってください。
▲Page Up

歩行者の基本的ルール

  • 歩道があるところでは、必ず歩道を通ってくださ い。
  • 歩道がないところでは、道路の右側を歩いてください。
  • 道路を横断するときは、信号交差点では信号機(歩行者信号)に従い、信号機のないところでは横断歩道を利用してください。
  • 道路を横断するときは、道路の左右をよく見て、車が近づいてこないこと、また、車が止まったことを確認してから横断してください。
  • 夜間には、反射材を身につけるか、明るい服装に心がけましょう。
▲Page Up

自転車の基本的ルール

  • 自転車は、車道の左端を一列で通ってください。
  • 自転車は、自転車が通行できる標識のある歩道では、通行できます。
  • 2人乗りや傘を差したり、物を持ったりしての片手運転はしないでください。
  • 踏切や一時停止場所では、必ず止まって左右の安全を確認してから渡ってください。
  • 信号機のある交差点では、信号機に従って通行してください。
  • 愛知県内で、外国人の方の自転車での交通事故が多発しています。自転車利用時の交通事故には、十分注意してください。
▲Page Up

自動車の基本的ルール

  • 運転免許を取得していない人やお酒を飲んだ人は、絶対に自動車の運転をしてはいけません。
  • 交通法規を守り、交通信号、交通標識、道路標示に従ってください。
  • 自動車に乗るとき、運転者や同乗者はシートベルトを必ず着用し、バイクに乗るときは、必ずヘルメットを着用してください。
  • 6歳未満の幼児を乗せるときは、チャイルドシートを必ず使用してください。
  • 標識や標示で最高速度が指定されているところでは、その速度を超えてはいけません。
  • 夕暮れ時には、早めのライト点灯を心がけましょう。
  • 自動車走行中は携帯電話を使用しないでください。
  • 高齢者の交通事故が多発しております。高齢者を見かけたら、特に、思いやりのある運転を心がけてください。
▲Page Up