こんな時はどうする

踏切で車が故障した時

踏切で車が動かなくなったときは、次の要領で一刻も早く列車の運転士に知らせるとともに、車を踏切の外に移動させなければなりません。
  • 警報機の柱などに取り付けられている押しボタン式の踏切支障報知装置を押して列車に合図する。
  • 携帯している発炎筒などを使い、列車にわかるように合図する。
  • 発炎筒などがない場合は、煙の出やすいものを付近で燃やすなどして、列車にわかるように合図をする。
▲Page Up

交通事故を起こしたら

万一交通事故を起こした場合、落ち着いて次のように対処してください。

  • 他の交通の妨害にならないよう安全な場所に車を移動させ、エンジンを切ります。
  • 負傷者がいる場合は、消防署(119番)に電話し、医師、救急車などが到着するまでの間、ガーゼやハンカチで止血するなど可能な応急措置をとってください。
  • 事故を起こした場所、負傷者の数や負傷の程度などを、すぐに警察(110番)に電話し、指示を受けてください。
  • 怪我等がなければ、警察官が到着するまで事故現場を離れないでください。
  • 交通事故を起こすと、民事上の補償の他に、重い行政処分(免許の停止、取り消し)や処罰(罰金等)を受けます。交通事故は、自分だけでなく、大切な家族や友人を不幸にしてしまいますので、安全運転を心がけ交通事故を起こさないようにしましょう。
▲Page Up

緊急時の電話のかけ方

1、けが(119番)

負傷者がいる場合は、119番通報します。119番は全国共通で24時間体制をとっており無料です。

<電話のかけ方>

  1. 局番なしで直接119をダイヤル(プッシュ)する。公衆電話の場合は、緊急用の赤いボタンを強く押す。
  2. けがしたことをはっきり告げ、場所、名前を伝える。
    「(けがをしました)場所は(場所)です。私は(名前)です。」

2、交通事故(110番)

交通事故が起きたときは、110番通報します。110番は全国共通で24時間体制をとっており無料です。

<電話のかけ方>

  1. 局番なしで直接110をダイヤル(プッシュ)する。
  2. いつ、どこで、何が起きたかできるだけ正確に告げ、自分の名前を伝える。
    「(時)、(場所)で交通事故がありました。私は(名前)です。」
    「連絡先は(電話番号・携帯電話)です。」
▲Page Up