ページの先頭です
メニューの終端です。
つけもの 出荷時期 種類によります
主な産地 田原市、扶桑町(原料産地)
つけもの  漬物は、野菜類等を腐らずに保存する方法として考えられたもので、その歴史は古いが、江戸時代になって庶民の食生活に取り入れられ、江戸時代末期に市販されたとされている。
 本県では、肥沃な土地に恵まれていたことから、県内各地で大根栽培が行われており、たくわん製造が広まり、大正から昭和の頃には、たくあんの一大産地となりました。
 なお、本県では、扶桑町周辺の守口大根が有名であり、江戸時代の初期に中国から原種が導入されたものです。
 また、守口大根の名前の由来は、最初の栽培地であった大阪府守口市の地名を取ったという説と、最初に試作した人の名が「守口」であったという説がありますが、定かではありません。
出荷額 225億円 第5位(全国割合5.6%)※18年

特産品一覧に戻る
特産品一覧に戻る

農林水産部のトップページへ
農林水産部 ONLINE INDEXに戻る