ページの先頭です
メニューの終端です。
緑化木 出荷時期 周年
主な産地 稲沢市、西尾市、豊橋市、一宮市など
緑化木  本県の植木生産は、14世紀頃に柏庵和尚が中国に渡り、柑橘類の接木技術を習得して帰国し、稲沢市周辺に広く伝授したという歴史をもち、全国の代表的産地の一つになっています。
 本県の植木は、苗木の接木技術を活用した生産が行われており、根張りが良く、活着、生育ともに良い苗木として定評があります。
 なお、苗木から成木までの一貫生産型産地としての形態が整っており、樹木の種類も豊富なことも特徴です。
 また、県下では、500種類を超える植木が生産されており、最近の需要動向は、高木から低木へと移ってきています。
面積 483ha 第5位(全国割合10%)※農林水産省調べ(平成25年)
出荷量 906万本 第3位(全国割合10%)※農林水産省調べ(平成25年)

特産品一覧に戻る
特産品一覧に戻る

農林水産部のトップページへ
農林水産部 ONLINE INDEXに戻る