ページの先頭です
メニューの終端です。
のり 出荷時期
主な産地 伊勢湾、三河湾沿岸域
のり  のり養殖は、東京湾から九州の有明海にかけての海流の穏やかな内湾で行われています。
 のり養殖の歴史は古く、西暦1700年前後の江戸時代に東京湾で始まりました。
 板のりや佃煮などに加工されて食卓に上がるのりの養殖時期は、冬に限られています。
 ビタミン類(ビタミンAやカロテンなど)やミネラル類(鉄分など)が豊富に含まれています。特にカロテンは、皮膚や粘膜を健康に保ち、活性酸素を取り除く働きをしています。
生産量 394,118千枚 第6位(全国割合4.8%)※海面漁業生産統計調査(平成25年)

特産品一覧に戻る
特産品一覧に戻る

農林水産部のトップページへ
農林水産部 ONLINE INDEXに戻る