HOME市町村検索東三河地域 > 田原市

田原市

国際国流

昆山市で踊りを披露した田原市の「舞風~ひらり~」

国際交流 中華人民共和国  

中国昆山市国際芸術節代表団派遣

平成21年度

中国昆山市国際芸術節へ代表団を派遣

 中国江蘇省昆山市とは、田原市が合併して市制になる前、旧赤羽根町のときから農業を中心とした交流の歴史がありました。
 平成21年には、昆山市から「中国昆山市国際芸術節」への招へいがあったことから、市の文化を現地で紹介するとともに、友好都市としてのPR、両市の交流と相互理解を図るため、平成20年10月に行われた田原市民まつり「じゃん田゛原りん(じゃんだらりん)踊りコンテスト2008」の優勝チーム「舞風~ひらり~」を田原市の代表団として派遣しました。代表団17名に同市の職員2名が随行し、総勢19名で平成21年4月25日から4月28日の間、昆山市を訪れました。

中国昆山市で田原市の踊りを披露

 昆山市は上海から車で1時間程に位置し、人口は約200万にのぼる都会的な街です。市内に会場を設置しての芸術祭は初めてで、事前情報がほとんどない状況での訪問になりましたが、河川沿いに設営された特設舞台で、代表団は無事、同市オリジナルの踊り「じゃん田゛原りん踊り」を昆山市民をはじめ多くの聴衆に披露することができました。代表団からは「大勢の観客を目の前にし、踊る前からテンションが上がったが、人々の関心の高さや熱気に、これまで感じたことのないパワーをたくさんもらった」という感想がありました。また、踊りを見に来てくれた方々に市から持参したバッジを配ったり、パンフレットで田原市の歴史・文化など紹介をしたりして、昆山市と田原市の友好都市関係をPRすることができました。
 平成22年度も田原市は、アメリカケンタッキー州ジョージタウン市との姉妹都市交流20周年記念事業、あいち国際女性映画祭、多言語生活ガイドブックの作成、市長の上海万博訪問、ラオスでのバラ栽培支援など様々な国際交流事業を実施しています。

担当者の声
田原市 広報秘書課
三竹 雅雄さん
「弾丸・ミステリーツアー」でしたが、
事業は成功に終わりました

 現地のことやイベントの詳細についての情報がまったくなく、踊りのBGMはどうするの?といったことまで事前情報がなかった中で、まさしく「弾丸・ミステリーツアー」だったわけですが、代表団がみな体調を崩すこともなく、予想外のトラブルに見舞われることもなかったことが何よりでした。
 昆山市で田原市の踊りを披露した際、観客の反応がよく、代表団が力いっぱい踊る姿に手拍子や掛け声を返してくれた昆山市の人々の表情を見て田原市のPRは成功だったように思います。昆山市の担当者から、「良い踊りグループが参加してくれた」との印象を持ってもらい、友好都市相互の交流や理解が深まったものと思います。

一覧に戻る

じゃん田゛原りん踊りコンテスト2008で優勝した「舞風~ひらり~」

「舞風~ひらり~」の踊り

中国昆山市の中心地

「舞風~ひらり~」が昆山市民にじゃん田゛原りん踊りを披露

昆山市と田原市の友好をPRするために観客に配布したバッジ

ページのトップへ戻る