ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

損傷したとき

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月2日更新

有効中のパスポートを損傷、汚損した場合は、そのパスポートを返納してから、切替申請をすることができます。

損傷の程度について

軽度の損傷の場合は代理提出が可能ですが、重損傷の場合は代理提出ができません
判断が難しい場合は、御本人が申請してください。

軽度の損傷

  • ページが破れている場合
  • ページにメモ、落書き等がある場合
  • ICシートが損傷している場合
  • その他軽微な損傷の場合

重損傷

  • 写真及び記載事項の一部が判別・照合不可能の場合
  • ページが欠落している場合
  • 完全に分断されている場合
  • その他重度な損傷の場合

注意事項

  • 重損傷の場合、事情説明書を窓口で記入してもらう必要があります。
  • 写真及び記載事項が判別できず、本人確認が困難な場合は紛失届を提出し、新たにパスポートを申請していただくこととなります。戸籍謄本又は戸籍抄本が必要です
    初めて申請する方・期限切れのパスポートをお持ちの方