診療科・各部門のご案内

看護部

毎日、優しい笑顔で看護を行っています。

看護部の理念

1.専門性を生かした質の高い看護を実践します。
  • 専門職としての誇りと責任をもって、求められている役割を果たします。
2.ひとりひとりに真心のこもった看護を実践します。
  • 人としての尊厳を守り、患者・家族の意思決定を支援します。
3.安心、安全を第一に考えた看護を実践します。
  • 医療事故を防止し、患者・家族との信頼関係の向上に努めます。

看護部長挨拶

看護部長

 医療療育総合センターは、小児から成人の幅広い方を対象に患者の発達に応じた支援や良質な看護の提供を行っています。
 中央病院の理念に基づき、病気や障害を持ち、成長発達する子ども達や医療機器を使用しながら在宅療養をしている患者さんが、安心・安全に地域で生活できるように、医療的ケアの指導や在宅移行など家族支援を行っています。自分で訴えることができない患者・家族の目線に立ち、やさしい思いやりのある看護を目指して実践しています。
 そのために、看護師一人ひとりが専門職として必要な倫理感と知識を自主的に学習する人材を育て、職員がいきいきとやりがいを持って働ける環境作りを実践して行きます。

看護部の紹介

  • 対象とする患者・利用者さんは精神的・身体的に発達途上であるため、常に成長発達への援助が必要です。
  • 対象とする患者・利用者さんは抵抗力が弱いため、特に感染防止に留意します。
  • 対象とする患者・利用者さんは症状の変化が激しく自分で意思表示できない場合が多いため観察を充分にし機敏に対処します。
  • 理解力・判断力が不十分な方が多いため、患者・利用者さんの安全に充分配慮します。
  • 心身の発達に重大な障害を及ぼす重複した疾患を持つ患者さまと家族に対して、年齢・家族関係など個別性に応じた看護が要求されます。
  • 入退院を繰り返す患者さん・予後不良な患者さん・退院後フォローアップが必要な患者さんが多いため家庭・学校・保健所等と密接な連携を取り、患者さま個々のニードにあった継続看護を行います。
  • 在宅に向けての指導と地域との連携という役割を担っています。
  • 重い障がいがあっても、医療、福祉の両面で支え、患者・利用者さんの生活がより豊かになるよう支援しています。

看護単位の紹介

 私たち看護師は、障害のあるこども達と家族に安心して療養生活を送っていただけるようまた可能な限り障害が予防できるように日夜誠心誠意看護に携わっています。以下に看護師集団で構成される看護部の紹介をします。
 看護部は4つの病棟(内科混合・外科混合・児童精神科・心療内科)と3つの重心病棟(こばと棟)外来、手術・中材の9つの看護単位で構成されております。一つひとつの看護単位は、かなり専門性が高く、それぞれに特徴的な知識・技術が求められます。また発達途上の小児を対象とするため、常に発達への援助をこころがけております。4病棟に保育士が1名ずつ配属されているのも一般病院と異なる特徴です。

病棟の配置 北棟 南棟
4階 外科混合病棟
整形外科・脳外科・内科系混合
保育士1名配置
看護師長 佐久本 毅
     鈴木 弥生

東棟
手術・中材

看護師長 加藤 千恵
内科混合病棟
内科系混合
看護副部長 伊藤 一美
保育士2名配置
3階 児童精神科病棟
児童精神科・心療科(閉鎖)
看護師長 白瀧 美智留
小児心療科病棟
小児心療科
保育士1名配置
看護師長 鵜飼 秀明
1階 外来

副看護部長 鈴木 洋子
別棟2階 看護部長室
看護部長 水野 芳子
副看護部長(教育担当)1名配置
医療安全管理室
副看護部長 佐藤 佳子
感染認定看護師1名配置
こばと棟(重心心身障害児者棟)
1階 こばと1
看護師長 松岡 こよみ
2階 こばと2
看護師長 横井 圭子
3階 こばと3
看護師長 岩田 直子

外来

看護の特色
外来
  • 小児をはじめ、コロニー内外の施設を利用している方や継続して通院している成人など、幅広い年齢双の方々の診察を行っています。
  • 慢性疾患や在宅での人工呼吸療法や酸素療法、気管切開管理、自己導尿などの医療的ケアを行っている患者様とご家族の方への長期的な支援を行っています。
  • 在宅看護相談室を設置し、皮膚・排泄ケア認定看護師による皮膚やストーマ管理に関する相談や、慢性呼吸器疾患看護認定看護師が、気管切開や人工呼吸器での在宅療法についての相談・指導を行うなど、専門性を発揮した活動を行っています。
  • 患者様、ご家族の方々の声に耳を傾け、明るく親切で丁寧な対応を心がけています。

HCU

看護の特色
  • 主に小児から成人期の脳性麻痺、神経変性疾患、筋ジストロフィーなどの患者で急性呼吸障害や慢性呼吸障害の悪化された方が入院されています。
  • ほとんどの方は、人工呼吸器を装着しており医療的なケアの依存度が高いことが特徴です。
  • 看護体制は、4:1 配置を行なっています。
  • NICU後方支援としての役割も担っており、内科一般病棟(西3)や在宅支援部門と連携をとり在宅への生活へスムーズに移行できるよう調整や家族指導を行っています。

内科混合病棟

看護の特色
西3病棟
  • 「患者さんだけでなく家族も支える看護」に力を入れています。
  • 重症心身障害を抱えるこどもから成人期に入った幅広い年齢層の患者さんを受け入れています。
  • 気管切開、人工呼吸器や経管栄養などの医療ケアを要する患者さんの在宅移行の支援を行っています。
  • 在宅移行後のレスパイト・ショートステイ、体調不良時の対応など長期的な支援を行っています。

外科混合病棟(小児外科・整形外科・脳外科・内科系混合)

看護の特色
東4病棟(小児外科)
  • 小児外科では、『患者さまのQOLを大切に』をモットーとした看護を目指して取り組んでいます。
  • 新生児から成人まで幅広い年齢の患者さんを対象としています。
  • 手術前・手術後の安全の確保、苦痛や不安の緩和に努め、気管切開、胃ろう造設、中心静脈栄養など、医療的ケアが必要な患者さんの在宅生活を見越した支援を行っています。
  • 整形外科・脳神経外科の病棟で、検査・手術目的で入院する患者様が大半です。手術前後の看護はもちろん、その後もギプス装具装着・延長器装着中の安全に特に注意し、支援を行っています。
  • 手術後のリハビリテーションや治療のため入院期間が長期に及ぶ場合は、小学校、中学校の病院内の学級に学籍を移し、学業の継続を図っています。
  • 入院しているこども達にとって、遊びも重要な生活要素と考え、保育士中心に発達段階に応じた援助を心がけ、入院生活を豊かにする工夫をしています。

こばと棟(重症心身障害児者棟)

看護の特色
  • 重症児(者)が快適な生活を送るために必要な生活支援の基本として、受容と共感を大切に人権やプライバシーに配慮し、本人の意思・主体性を大切にしています。
  • 小児から高齢者の方まで幅広い年齢層の利用者のライフステージに応じた支援をしています。
  • 利用者の特徴(複数の疾患を合わせ持つ・抵抗力が弱いなど)を十分に把握し、急変や重症化するケースにも対応できるよう、観察をしっかり行い異常の早期発見、早期対応に努めています。
  • 意思疎通を図るため、言語、文字盤、シンボルマーク、パソコン、ボディランゲージ等を駆使してコミュニケーションを図るようにしています。
  • 日中活動を通して、生活そのものが豊かになるよう工夫し、散歩や車椅子ダンスなどの動的活動、スヌーズレン・アロマタッチ、音楽活動、タッピングタッチなどの静的活動を取り入れています。また、四季折々の行事を行っています。(夏祭り・ひな祭り・クリスマス会など)

児童精神科(閉鎖)

看護の特色
西4病棟(児童精神科)
  • 医師の指示に基づき、看護師・心理士・医療ソーシャルワーカー・作業療法士・保育士等の専門家が協力し、行動制限最小化に努め、治療の効果を高めるように看護しています。
  • 閉鎖病棟である為、コロニーの緑に囲まれた環境利点を生かして散歩を行うことによりストレスの発散及び治療意欲を促進するように援助しています。
  • 入院患者の状況に合わせて、月に2回、作業療法士と協働し散歩・季節の行事を行い安定した生活を送ることができるように援助しています。
  • 強度行動障害のある患者さんの意思表示手段が自傷や他害といった行為の場合、患者さん・看護師双方の安全が守られる介入方法として包括的暴力防止プログラム(CVPPP)を取り入れて対応しています。
  • 面会や外出・外泊は、患者さんの状態に合わせて適時行われています。

小児心療科病棟(小児心療科)

看護の特色
西4病棟(児童精神科)
  • 基本的な日常生活の自立を目的に、発達障害の特徴にそった視覚化、構造化を取り入れた環境調整を行っています。
  • 個々の発達障害の特性に合わせて、規則的な生活、他者との距離の取り方、感情コントロールの援助に取り組んでいます。
  • 被虐待児の愛着形成や、情緒の安定を目指した援助をおこなっています。
  • 支援学校や他職種と協働し、患者さんの発達段階や能力に合わせた登校支援・学習支援を行っています。
  • 退院後に患者さんと家族が地域で安定した生活を営めるよう、地元校や地域の関係職種との連携を図っています。

手術・中材

看護の特色
手術・中材
  • 「正確で安全かつ親切な看護」をめざしています。
  • 術前訪問をして、手術を受けるお子さんやご家族との良い関係を保ち、少しでも不安が軽くなるようにしています。また、術後訪問も行って手術室での看護の評価をしています。
  • ご家族の希望にそって、術中訪問をして手術の進行状況をお伝えしたりしています。
  • 手術を受ける患者さんは、生まれて間もない新生児から50、60代の方までと年齢の幅があります。
  • 先天性の病気の方や障害のある方の手術がほとんどです。小児外科、整形外科、脳神経外科、婦人科の手術を受ける患者さんの看護を行っています。
  • 身体の変形が強く、骨折しやすい虚弱な方が多いため、細心の注意を払って一人ひとりに応じた適切な看護をしています。
中央材料室の特徴
  • 安全な医療材料を供給できるように確実な洗浄・消毒・滅菌を行っています。
  • 中央材料室スタッフ一同、感染防止の徹底に努めています。
  • 適正な医療材料の保管・在庫管理が行われているか、中材のスタッフが各病棟をラウンドしています。
  • 物流管理システム導入により、医療材料のデータを正確に管理するとともに、病院内の物流業務を効率化することで、患者さんの診療・看護に必要な医療材料を適正に供給できるようにしています。

保育士の活動

保育士の活動

患者さんの成長や発達をサポートさせていただくために、医療保育専門士の資格をもつ保育士が活躍しています。患者様1人1人の保育だけでなく、患者様みんなで参加する「すみれ」や「たんぽぽ」、季節ごとのイベントを通し、患者様やご家族にとってより良い療養環境を提供しています。
また、育児に関する不安や悩みごとをご家族と一慮煮考えサポートしています。

専門・認定看護師紹介

看護のスペシャリスト、"専門看護師"とは?

専門看護師とは、日本看護協会の専門看護師認定審査に合格した看護師に与えられる職名です。複雑で解決困難な看護問題を持つ人たちに対して、水準の高い看護ケアを効率よく提供するため特定の専門看護分野の知識・技術を深めた看護師です。 実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究の6つの役割を持ち、保健医療福祉や看護学の発展に貢献しています。

家族支援
患者を含めた家族全体を対象として、入院および在宅生活における看護上の問題を解決するために、家族およびスタッフの支援にあたっています。
看護のエキスパート、"認定看護師"とは?
認定看護師

日本看護協会の認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできる者をいう。看護現場において実践・指導・相談の3つの役割を果たすことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献する。(出典:日本看護協会)

感染管理
感染対策はすべての病院スタッフが実施して初めて効果的なものとなります。手指衛生を中心とした標準予防策や感染経路別予防策が確実に実践できるように感染対策チームのメンバーとともに取り組んでいます。
皮膚・排泄ケア
私の分野は3つあり、健康な皮膚が維持できるようスキンケアがベースとなっております。傷があるときは、治療できる環境を整え治癒の促進を図ります。オストミーケアではストーマ造設術前・術後のストーマ管理と日常生活への援助を行います。失禁ケアでは尿・便失禁に伴う諸問題の改善を行っています。
摂食嚥下障害看護
子供から大人まで、「食べる」事は多くの人たちにとって楽しみです。食べることを通して、その楽しみや栄養について、他のスタッフや家族と一緒に考え、QOLに繋げていきたいと思います。
慢性呼吸器疾患看護
重症児(者)や神経筋疾患患者は呼吸障害を有することが多いですが、家庭や学校・地域で生活をする上で呼吸が安定していることは重要です。患者さんや家族が安心して生活ができるような呼吸ケアをスタッフと共に取り組んでいます。
精神科看護のエキスパート、"精神科認定看護師"とは?

日本精神科看護協会の認定看護師認定審査に合格し、質の高い精神科看護の実践と、精神科看護に関する相談、指導を行う者をいう。

精神科看護
児童・思春期に起こる心の問題や、発達障害の特性を持つ子どもの成長・発達の助けになることを、家族と一緒に考えていきます。

看護部教育体制

看護職員育成指針

「県立病院看護理念」に基づいた看護を実践していくため、以下に掲げる看護実践能力を有する看護職員の育成に努めてまいります。

  • 専門領域に必要な見識を深めるため、自己研鑽に意欲的に取り組む看護職員
  • 専門職業人としての誇りと責任感を持ち主体的に行動する看護職員
  • 患者の人権を尊重し、倫理要綱に基づいた看護を実践できる看護職員
  • 医療チームの一員として、多職種と協働して円滑に業務を実践できる看護職員
教育目的

センターの理念に基づき、組織の一員として、重症心身障害および発達障害のある人々と共に生きる家族を対象に、専門性の高い看護・療育が提供できる職員を育成する。

教育目標
  • 専門職としての自覚を持ち、自己研鑽に意欲的に取り組み、チーム医療において主体的に行動できる。
  • 安心・安全を第一に考え、支援を必要とするすべての人々に信頼される援助ができる。
  • 対象及び連携する全ての人々の人権を尊重し、倫理観に基づいた看護・療育を提供できる。
研修計画

看護職員研修計画 ・・・・・・ 平成31年度計画 企画中
新人看護職員研修 ・・・・・・ 平成31年度計画 企画中

実習生の受け入れ・1日看護体験

実習生の受け入れ
実習生の受け入れ・1日看護体験

 小児看護学実習の臨地実習提供病院として、看護学生の実習を受け入れています。
病棟では、全スタッフが将来同じ看護職として働くであろう看護師の卵として、優しく丁寧な指導をしています。
 指導者は、実習生が患者・家族の方と信頼関係を築き、看護専門職として必要な知識・技術を身に付けられるよう安全に配慮して、看護実践能力を育成しています。
 実習生、指導者が共に学び合う姿勢でお互いが刺激し合い成長できることを、毎回の実習で感じています。
 一生懸命に頑張っていた実習生が、当院の看護師として就職して頂けることはとても嬉しいことです。

1日看護体験・インターンシップ

 看護体験を通じて、心身に生涯のある人への関心と理解を深め、就職の動機づけの機会としてインターンシップを年に数回企画実施しています。また、広く看護色を知ってもらうため、高校生の方に1日体験を実施しています。

看護師募集

私たちと一緒に一生懸命生きているこどもたちの看護に携わってみませんか。
産休・育休の代替職員を募集しています。
最高3年まで続けられます。詳細は下記にお問い合わせ下さい。お待ちしています。

〒480-0392 春日井市神屋町713-8 心身障害者コロニー中央病院看護部
電話 0568- 88-0811 (内線 6211)
e-mail:kango3312@aichi-colony.jp

在宅看護マニュアル

各マニュアルをPDFファイルにてご確認頂けます。

PDFファイルを閲覧するには、「AdobeReader」プラグイン(無料)を
インストールしてください。

adore reader