就労支援につながる
日本語教室のあり方

外国人支援に関わる様々な立場の皆さんが集い、これからの共生社会のあり方を考えるとともに、社会につながる人材育成のための新たな支援体制の創出を目指して実施する講座です(120分×6回)。

たとえば、こんな授業ができます!

第1回 ・愛知県における外国人労働者の就労状況
(実態と問題、今後の展望を考える)
第2回 ・外国人労働者の受け入れの現状
(産業構造や受け入れ制度について学ぶ)
第3回 ・日本語の習得と職業選択
第4回 ・職場で役立つ日本語を考える
第5回 ・日本語教育が目指すもの
第6回 ・就労支援のための日本語(ワークショップ)
それぞれの立場でできること

講座のウリは!

各分野の専門家を講師として迎えての講座(5回)の後、参加者がワークショップ形式で具体的な支援についてそれぞれの立場で考えます。

講座の実績

年月日 場所 講座の内容
2006年9月17日より
半年間(計6回)
とよた市民活動センター
文化庁地域日本語教育支援事業
≪人材育成研修≫
皆で考える在日外国人との明日
「就労支援につながる日本語教室のあり方」
2006年1月17日
-3月17日(計6回)
豊田市わくわく事業
(保見団地近隣公共施設にて)
「ようこそご近所先生」
地域から講師を招いて、日系ブラジルの子どもたちを対象としたサッカー、料理、クラフト、バルンアートの講座
2005年12月4、6日 自主講座
保見が丘第2集会所
ブラジル人学校の生徒・保護者を対象に食事、健康に関する講座
「元気にかしこくすくすくと」
2005年2月25日
3月4日
豊田市(保見交流館ほか)
「地域カルチャー講座TU」
“ブラジルと日本のお弁当作り”“ビーズ教室”地域社会との交流を通して地域とのつながりを深め、日系住民に対する理解を得る。
2003年9月
-2004年3月14日
リーバイストラウスコミュニティ活動推進基金
「青少年発 国際理解講座」
ブラジル(またはペルー)と日本という二つの文化で育った多様な視点と豊かな発想を持つ子どもたち、青少年が経験・意見を発表

団体概要

団体名
[代表者名]
特定非営利活動法人 トルシーダ[伊東浄江]
住所 〒444-0075 岡崎市伊賀町 5-110-2
電話番号・
FAX番号
090-6462-3867・0565-46-4730
E-mail torcidajpjp@yahoo.co.jp
URL http://www.geocities.jp/torcidajpjp/
国際理解教育担当者 湯原
連絡方法 電話、E-mail
連絡の付きやすい時間 月〜金12:00〜14:00
活動の対象 豊田市近郊
活動分野 教育 多文化共生
活動暦 2003年11月より2年10ヶ月(前身団体は1998年より)
活動目的・
内容・実績
トルシーダは保見団地を拠点とし、外国籍の子ども、青少年に居場所を提供し、最低限の教育の保証を目指す。地域の外国籍住民に日本語学習の機会を提供し、地域社会とのファシリテーターとしての役割を果たすことを目的に設立されました。
 不就学、ブラジル人学校へ通う子どもを対象とした「日本語教室CSN」、日本語プライベートレッスン等を行っています。
団体の活動が分かる情報誌など 特になし。活動内容はホームページをご覧下さい。

国際理解・国際貢献学習支援の実践内容

出前講座の所要時間 希望に応じる
出前講座の謝金 応相談(交通費は負担願います)
謝金はトルシーダの活動(不就学の子どもの教育の機会創出)のため有効に活用いたします。
貸出可能なパッケージ・キット なし
販売している教材 なし
事務所訪問の受け入れ(時間) 月〜金 10:00〜12:00(事務所ではなく「日本語教室CSN」)
多人数を対象にする講演 可能 応相談
教員向け授業案作成協力・
授業に関するアドバイスの可否
可(費用応相談)
出前授業を行う際に、
学校側に準備してほしいもの
特になし
出前授業・講座などを行う際の
依頼期限
特になし
国際理解教育専用のURL なし

トルシーダでは不就学の子どもとブラジル人学校へ通う子どもを対象とした「日本語教室CSN」を平日の毎日実施しており、ボランティアを募集中です。