HOME市町村検索尾張地域 > 岩倉市

岩倉市

国際交流

サルサバンドの演奏

国際交流 キューバ共和国  

国際理解ダンス&ミュージックカーニバルおよびカルチャー講座

平成21年度

カルチャー講座

 岩倉市立南部中学校には、様々な外国籍の中学生が在籍していることから、日本とは異なる文化を理解することを目的の一つとして、平成21年6月、全校生徒を対象としたカルチャー講座を開催しました。講座の一部では、キューバのサルサ、ブラジルのカポエイラ、ハワイのフラダンスと、日本でも親しまれている海外の文化について、インストラクターの指導の下、生徒たちが実際に体を動かしました。また、後日1年生を対象に、フレンドシップ相手国であるキューバなどをより理解するための授業が開かれ、民族衣装を着たり、国の様子について説明を受けたりしました。生徒たちは積極的に授業に参加し、日本との文化の違いに驚いたといった感想が寄せられました。

ダンス&ミュージックカーニバル

 南部中学校には、外国籍の生徒と日本籍の生徒が日本以外の文化を体験してもらう目的で10月、南中ふれ愛フェスティバルを開催しました。フェスティバルでは、サルサバンドConjunto Domestico(コンフント・ドメスティコ)を招へいし、校舎の中庭でサルサ音楽とダンスが披露されました。生徒たちは戸惑いながらも独特のリズムとダンスを楽しみ、大いに盛り上がりました。

パネル展開催

  南部中学校の2階渡り廊下には、地元の作家や生徒の作品などを展示する「ふれ愛ギャラリー」があります。ギャラリーの中に、生徒たちに、フレンドシップ相手国であるキューバや、ブラジル、ペルーといった国の文化や生活を知ってもらうことのできる写真や資料を展示しました。外国籍の生徒たちが、自国の文化を紹介するということで、パネル作成をがんばる姿が見られました。

担当者の声
岩倉市立南部中学校
藤田 雅則さん
国際交流、多文化共生を
学ぶ場を設けていきたい

 南部中学校には、外国籍の生徒が多く在籍していることから、今後はキューバだけでなく、生徒たちが広く世界に目を向けることができるような取り組みをしていきたいと思います。今後の国際社会を生き抜いていくうえで、中学時代に国際交流・多文化共生を学ぶことは重要です。生徒一人一人がより深く理解できるような学習の場を設けていきたいと思います。

一覧に戻る

みんなでカポエイラを体験

サルサダンス

フラダンス

キューバの民族衣装を試着

ふれ愛ギャラリーで開催したキューバ写真展

ページのトップへ戻る