HOME市町村検索尾張地域 > 春日井市

春日井市

多文化共生

J.A.T.D.にしゃんた氏による講演

多文化共生    

多文化共生講演会「違いを楽しみ力にかえる~多文化共生”新”時代~」

平成21年度

多文化共生社会づくりに向けて

 春日井市の在住外国人は市の人口の約2%を占めています。私たちの身近で生活している外国人との多文化共生の必要性を啓発するため、平成22年3月20日、経済学博士であり、NPO法人多民族共生人権教育センター理事であるJ.A.T.D.にしゃんた氏を招いての講演会を開催することにしました。また、当日、会場となったグリーンパレス春日井では、国際交流や多文化共生の活動を行う市民団体で結成された「春日井市国際交流ネットワーク」の加盟団体による活動紹介のパネル展示が併せて行われました。

J.A.T.D.にしゃんた氏とは

 講師であるJ.A.T.D.にしゃんた氏は、スリランカ出身で、17歳で日本に留学をし、現在は京都で生活しています。多文化共生を始めとする社会問題について、講演会を始めとして各種メディアで発言をする一方、日本文化に造詣が深く、落語家としても活躍しています。今回は、自身の体験談や現在の活動についての講演会となりました。

様々なエピソードを多文化共生と絡めて

 「ちがいを楽しみ力にかえる~多文化共生”新”時代~」と題された講演会で、にしゃんた氏は、スリランカにいた頃、日本のテレビドラマ「おしん」を見て、日本人はなんと勤勉なのだろうと感心したと話しました。そうした違い(文化)に気づき、理解し、力に変えていくことが、これからの日本社会にとっていかに実りあるものかということ、そして、一人一人の人権が、外国人を含めて守られる明るい社会づくりにつなげていけるような、多文化共生の「楽しみ方」について、来場者に語りかけました。

担当者の声
春日井市 市民活動推進課
梶田 定良さん
それぞれの国の文化の違いを知る
ことが多文化共生につながると思います

 講師のにしゃんた氏は、京都や大阪を中心にテレビやラジオなどで活躍されており、自身の体験談などを交えながら楽しいトークを展開していただきました。参加された方からも笑いが絶えず、楽しい時間を過ごすとともに、外国人と日本人の間の様々な壁を取り払う必要性を感じることができる有意義な講演会になったと思います。また、それぞれの国の文化の違いを知ることが多文化共生の第一歩となることを、講演を通じて理解していただけたのではないかと思います。

一覧に戻る

講演会の案内チラシ

J・A・T・D・にしゃんた氏の講演を聞く市民

「春日井市国際交流ネットワーク」の加盟団体によるパネル展示

ページのトップへ戻る