HOME市町村検索尾張地域 > 清須市

清須市

国際交流

スペイン・へレス市の子どもたちの描いた絵画展

国際交流 スペイン王国  

友好姉妹都市子ども絵画交換事業

平成21年度

スペイン・ヘレス市と絵画の交換

 平成21年、清須市は姉妹都市提携を結んでいるスペイン・ヘレス市との間で絵画の交換を行いました。夏休み前に市内の7つの小学校(春日町合併前)の5、6年生から清須市の紹介をテーマにした作品を募集しました。そして応募のあったおよそ800点の中から各学校で優秀な作品を5点に絞りました。さらに、市国際交流協会に所属する絵画の先生、および中学校の美術の先生各一名の審査によって、最優秀作品と優秀作品を表彰した後、清須市からの作品として37点がへレス市へ送られました。

へレス市からの絵画を市民に公開

 一方、ヘレス市の小学生が描いた絵画54点が清須市に送られ、同市の文化展、市内小学校、清須市役所本庁舎、春日美術館などで約4ヵ月に渡って展示されました。解説が付けられ、市民が理解しやすいように展示された作品の中には、とても小学生が描いたものとは思えないレベルの高いものもあり、見る人の目を驚かせました。清須市の小学生による作品と比べ、色使いがはっきりしていることも特徴的でした。
 平成22年においても、授業や課外活動など、学校での生活をテーマにした絵画の交換事業が引き続き行われました。

清須市のフレンドシップ相手国を紹介

 他にも平成21年度には、愛知県が主催した「あいちワールド・フレンド・フェスタ」に参加し、フレンドシップ交流PRとして、清須市のフレンドシップ相手国を紹介しました。ウガンダコーヒーの販売、ダンサーによるフラメンコの実演、シェリー酒の試飲などが行われました。シェリー酒の試飲では、日本人のベネンシアドール(※)によるパフォーマンスが行われました。また、フレンドシップ相手国との交流の様子やヘレス市との姉妹提携について紹介を行いました。

※べネンシアと呼ばれる細長いひしゃくを使って樽からシェリー酒を汲みだしグラスに注ぐ技能者のこと

担当者の声
清須市教育委員会 生涯学習課
田中 あさ美さん
無事絵画が届いてほっとしました

 へレス市から絵画を送ってもらうことについて、へレス市との職員との間で連絡を取り合いつつも、なかなか進展せず、とくにバカンスの期間とも重なり、準備にとても時間がかかりました。生涯学習課に所属するスペイン出身の国際交流員にもフォローしてもらいながら、無事絵画が届いたときにはほっとしました。4月から各学校に絵画を描いてもらうように依頼し、へレスから届いた絵画の展示を終えるまで約一年をかけたこの事業にとてもやりがいを感じています。

一覧に戻る

へレス市の子どもが描いた絵画(以下3点)

「あいちワールド・フレンドシップ・フェスタ」でのフラメンコの実演

ページのトップへ戻る