HOME市町村検索尾張地域 > 東郷町

東郷町

国際交流

インドネシアの皆さんと交流する「じどうかんこどもまつり」

国際交流 インドネシア共和国  

ふれあい交流事業 「第7回じどうかんこどもまつり」

平成22年度

愛知万博以降恒例となったこどもまつり

 東郷町は、愛知万博のフレンドシップ相手国であるインドネシア共和国と、このふれあい交流事業「じどうかんこどもまつり」を平成16年以降毎年実施しており、平成22年度で7回目となりました。今回も、このおまつりを通じて、地域の外国人留学生などの子どもたちと、東郷町の子どもたちとが交流を図りました。

インドネシアの遊びや楽器を体験

 平成 22年5月22日のおまつり当日には、名古屋インドネシア留学生会の留学生とその家族36名、東郷町民約3500名の参加があり、前年度以上の人出となりました。
 第1部の式典では、インドネシアの民族舞踊「バンブーダンス」が披露され、第2部の「まつりに参加しよう」では、屋台(みたらし・アイスキャンディ・焼きそば・たませんなど)に加え、「ベケラン」※1や「チョンクラック」※2などのインドネシアのゲームコーナーや、バンブーダンスの体験コーナーなどが設けられました。初めての体験に、最初は子どもたちも戸惑った様子を見せていましたが、次第に慣れ、このおまつりを楽しんでいました。
 このおまつりは、子どもたちにとって、言葉だけでなく身振り手振りなどを活用しながら違う文化の人たちと交流し、お互いの理解を深めるよい機会となっているため、今後も続けていく予定です。

※1「ベケラン」:ボールと小石3つを使い2人~4人で順番に行うゲーム。ボールを弾ませて落ちてくる間に小石をとるもので、初めは小石一つから、最後はボールが落ちるまでに3つをまとめてとっていく。

※2「チョンクラック」:貝殻と専用のボードを使って2人で交互に遊ぶゲーム。貝殻を移動させて自分の「銀行」に沢山集めた人が勝ちとなる。

在日インドネシア留学生協会 名古屋支部(PPI名古屋) テグーさん

担当者の声
在日インドネシア留学生協会
名古屋支部(PPI名古屋)
テグーさん
Unforgettable Experience of the Togo Children Festival

The Togo Children Festival surprised since this festival is an international cultural exchange intended specially to children. As far I know, most of cultural exchanges are intended to teenagers, young people or fresh graduate students.
The Togo Children Festival is one of the brilliant ideas in promoting mutual
understanding between children from all over the world. This festival provides a lesson for children about the colorful world with a variety of cultures, languages and beliefs. This lesson will be very useful for child development and prepares children to familiarize challenges in the future global world. As the head of PPI Nagoya, I would like to thank the Togo Town for inviting us (Indonesian students and Bhineka Students) to participate in the Togo Children Festival. This valuable and impressive experience will always be remembered and unforgettable whenever.

東郷町こどもまつり:
忘れられない体験

 「東郷町こどもまつり」は、子どもたちに焦点をあてた国際的文化交流事業であるため、多くの外国人から驚きの目を向けられています。なぜなら、私の知る限り、国際的な文化交流のほとんどは十代から新卒者といった若者の年代を対象にしているものが多いからです。
 このおまつりは、世界中の子どもたちの間で相互理解を促進するための素晴らしいアイデアだと思います。子どもたちは、こどもまつりを通してさまざまな文化・言語といった色とりどりの世界を学ぶことができます。こうした学びを経験した子どもは、将来世界的な問題を身近に感じ、理解できるようになるでしょう。それは子どもの発達にとって、とても有益であると思います。PPI名古屋の会長として、インドネシア留学生やビネカ小学校の子どもたちを東郷町こどもまつりにご招待頂いたことを、誠に感謝いたしております。このおまつりの、貴重かつ印象的な経験は、子どもたちの記憶に永遠に刻まれ、忘れられない思い出となることでしょう。

一覧に戻る

インドネシアのゲームが体験できるコーナー

インドネシアのゲームが体験できるコーナー

「チョンクラック」を楽しむ子どもたち

「チョンクラック」を楽しむ子どもたち

バンブーダンスも体験し、盛り上がりました

バンブーダンスも体験し、盛り上がりました

ページのトップへ戻る