ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 電気工事二法関係 > 第一種電気工事士免状の返納手続について

第一種電気工事士免状の返納手続について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月31日更新

第一種電気工事士免状の返納に必要な書類及び手続案内

 高齢・病気等の理由により、今後電気工事に従事しない方であって、定期講習(電気工事士法第4条の3に基づき、5年毎に受講しなければならない講習)受講の意思のない方は、自主的にその免状を返納することができます。

 なお、返納後、万一再度免状が必要になった場合、再交付ではなく新規交付となりますので、よく御検討の上、返納の届出をしてください。

 

自主返納の方法

 「第一種電気工事士免状返納届出書」に免状を添えて、郵送してください。(郵送先は、届出書に記載)。

免状を紛失している場合は、届出書の「4免状の有無」の「無」に○を付け、届出書のみ郵送してください。

 

免状返納届[PDFファイル/104KB]

この用紙を印刷して、ご記入の上、免状を添えて郵送してください。

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)