在日フィリピン人の
状況と支援団体

当団体の代表石原が大学などで提供している講義です。
送り出し国フィリピンの状況、日本で暮らすフィリピン人の
状況、当団体の活動など、自身移住労働者であった石原の
体験に基づき紹介します(90分)。

たとえば、こんな授業ができます!

自己紹介
(10分)
代表石原の自己紹介
送り出し国の状況
(20分)
フィリピン人が出稼ぎに行く理由は貧困にあるとし、フィリピン側の政策、出稼ぎの状況を統計、フィリピンのパンフレット、地図など資料を利用して説明
日本におけるフィリピンの状況
(20分)
日本においても「搾取」される状況を、当団体の活動、相談ケースのエピソードを交えながら、紹介する
在日フィリピン人互助組織、当団体の活動紹介
(20分)
当団体を含む在日フィリピン人の活動を、写真やビデオ(テレビ局が取材して放映されたニュース、ドキュメンタリーを含む)を交えて紹介する
質疑応答
(20分)
なるべく多くの人の質問にお答えして、当団体でのボランティア活動の紹介も行っている。

講座のウリは!

当団体の講座は、石原や友人の体験に基づいた講義を行っておりますので、リアリティにあふれ説得力がある、との評価を頂いています。タガログ語、料理・ダンスなどの文化を紹介させて頂くことも可能。

講座の実績

年月日 場所 講座の内容
豊山小学校、愛知淑徳大学、中部大学、南山大学、金城大学など 在日フィリピン人の状況と当団体の活動について(講義)
2005年
-現在まで
タガログ語講座(不定期) 主としてフィリピン人を家族にもつ人を対象とした、ゼロから学ぶタガログ語講座。フィリピン人・日本人講師によるペアティーチング、文化や習慣なども紹介する。
2006年6月 国連地域開発センター 研修 発展途上国の政府役人を対象としたUNCRDの研修事業の一部を担当。当団体は在日フィリピン人の状況について講義を行なった。
2006年7月1、2日 英語講師養成のためのトレーニング 英語を仕事として教えるための講座。フィリピン人女性を講師に向かえ、名古屋近辺に住むフィリピン人を参加対象とした。
2006年7月24、25日 移住労働者エンパワーメントプログラム 在日フィリピン人が地域で同胞の支援活動を行うためのノウハウを提供する。

団体概要

団体名
[代表者名]
FMC[パージ石原]
住所 〒461-0005 名古屋市東区東桜2丁目3番29号コーポ小川一階
電話番号・
FAX番号
052-935-6709
E-mail filmigcen@yahoo.com
URL
国際理解教育担当者 石原バージ
連絡方法 電話、FAX、E-mail いずれも可
連絡の付きやすい時間 水曜日 午後7時
活動の対象 国内(在日フィリピン人)
活動分野 国際交流 国際理解教育・地球市民教育 人権 多文化共生 平和 その他(相談)
活動暦 2002年より
活動目的・
内容・実績
日本人と結婚しているフィリピン人女性を中心に構成されたグループで、様々な問題や課題を解決するために生活相談などの活動をしている。
団体の活動が分かる情報誌など お電話でお問合せください。

国際理解・国際貢献学習支援の実践内容

出前講座の所要時間 120分
出前講座の謝金 (応相談)
貸出可能なパッケージ・キット とくにないですが、本団体を取材したテレビ番組のビデオを上映したり、お貸しすることもあります。
販売している教材 なし
事務所訪問の受け入れ(時間) 可(時間については事前にお問合せください)
多人数を対象にする講演 可能 応相談
教員向け授業案作成協力・
授業に関するアドバイスの可否
可能 応相談
出前授業を行う際に、
学校側に準備してほしいもの
内容によりますが、通常ホワイトボード、黒板、プロジェクター、ビデオや資料のコピーなどをお願いしています。
出前授業・講座などを行う際の
依頼期限
とくにありません
国際理解教育専用のURL

当団体は日本で数少ないフィリピン人によるNGOです。
日本人スタッフもおりますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。