HOME市町村検索西三河地域 > 吉良町

国際交流

ハワイアンダンスを体験する観客

国際国流 アメリカ合衆国  

2009ハワイアンフェスティバルin吉良ワイキキビーチ

平成21年度

ハワイを感じられるロケーション

 吉良町には「吉良ワイキキビーチ」という名で親しまれている宮崎海水浴場と恵比寿海水浴場の二つの海水浴場があります。町と町観光協会が平成18年6月にハワイ州の観光局を訪問して地元の海岸を紹介し、その名前の使用許諾を得た経緯があります。ヤシの木が風にゆれ、白い砂浜に青い海、遠くに見える知多半島と渥美半島に抱かれ、まるでダイヤモンドヘッドのような景色を満喫できる素敵なビーチです。
 この吉良ワイキキビーチに造られた屋外特設ステージにて、平成21年8月24日から27日の4日間、吉良温泉観光組合主催によって「ハワイアンフェスティバルin吉良ワイキキビーチ」が開催されました。地域の活性のために観光イベントを定着させたいという吉良温泉観光組合の想い入れに呼応して、年々来場者が増えるとともに、最近ではマスコミの取材も増え、県外からの来客にもつながっています。

年に一度ハワイになる町

 期間中、毎日午後3時~6時の間に行われる昼の部では、全国から集まったフラダンス愛好家の方々の参加によって「ホイケ」と呼ばれるフラダンスの発表会が行われ、4日間にわたるフェスティバルにておよそ800名の方々がダンスを披露しました。
 そして、午後6時30分~7時30分に行われる夜の部では、ハワイのポリネシアカルチャーセンターから招いたダンサー13名によるポリネシアンダンス、ファイヤーナイフダンスショーが開かれました。
 同町では夏の間、吉良温泉の旅館やホテルなどの従業員、金融機関の職員、商工会の職員、役場の職員、町議会議員等がアロハシャツを着てハワイアンスタイルとなり、町を挙げてフェスティバルのムードを盛り上げています。また、会場にはハワイ関連の小物雑貨やハワイアンフードを扱うショップも参加し、来場者にとって日本にいながらにしてハワイを感じられるイベントです。

毎年進化するハワイアンフェスティバル

 真夏の日差しが照りつける昼間の時間帯を利用して、ハワイから招いたダンサーらが町内すべての保育園を訪問し、ダンスを通じて国際交流を深めています。
 平成21年度の新たな試みとして、例年町内の大型店舗のみで開催していたダンスショーを隣の西尾市でも行い、この地域の住民にもハワイに触れてもらいました。また、暑さと雨対策のため、屋外ステージに屋根を取り付け、フェスティバル参加者にも配慮しました。こうした実行委員会の苦労により、4日間のフェスティバルの来場者数は、平日のみでの開催であったにもかかわらず、2年前の2倍となる約5,800人にのぼり大盛況となりました。現在、平成23年4月に予定されている西尾市、一色町、幡豆町、吉良町からなる一市三町の合併を控え、さらに進化したフェスティバルの実現に向け準備を進めているところです。

担当者の声
ハワイアンフェスティバル実行委員会
山本 裕充さん
吉良町でハワイを感じてほしい

 今回も天候に恵まれ、無事にフェスティバルを開催することができました。国際交流と地域の活性化を目的にスタートしたこの事業も3年目、回を重ねるにつれ充実し、吉良の夏の一大イベントとなっています。最近は、マスコミの取材も増え、“電車でいけるハワイ”、“年に一度ハワイになる町”など、自分たちでは思いつかない様々なキャッチフレーズをつけていただき、嬉しく感じています。
 今回のフェスティバルに来てくださった方々に、翌年も来ていただき、「楽しかった!」と思っていただけるようにイベントを進化(改革)させていきたいと思っています。
 みなさん、ぜひハワイアンフェスティバルにお越しください。

一覧に戻る

2009ハワイアンフェスティバルin吉良ワイキキビーチの告知チラシ

日本中からフラダンス愛好家が吉良町に集結

ハワイから招いたダンサーよるポリネシアンダンスショー

大迫力のファイヤーナイフダンスショー

観客もいっしょにダンスを満喫

ダンサーたちが吉良町の保育園を訪問

ページのトップへ戻る