HOME市町村検索尾張地域 > 稲沢市

稲沢市

国際交流

中国赤峰市での植林活動交流

国際交流 中華人民共和国  

中国赤峰市植林活動交流事業

平成21年度

友好都市との交流事業

 稲沢市は、姉妹都市としてギリシャのオリンピア市、友好都市として中国の赤峰市と提携を結んでいます。平成21年度は赤峰市との友好都市提携20周年を迎え、中国内陸部の砂漠化と地球温暖化防止のため、赤峰市の松洲公園で油松30本の植樹活動に取り組みました。
 きっかけは、平成20年6月に稲沢市長と中国赤峰市長が東京で会談したときに、砂漠化防止に向けた植樹活動についての提案がなされたことです。この取組みには、稲沢市からの訪問団7名と稲沢市国際友好協会が市内に在住、在勤の人を対象に公募した19名、赤峰市の中学生等、総勢100名が参加しました。
 植樹活動の他にも赤峰市役所へ表敬訪問したり、赤峰市博物館、紅山公園、新市街地等を視察したりしました。

赤峰市からの訪問

 平成21年11月には、赤峰市から王市長ら6名の代表団が稲沢市を訪問しました。その際、両市の交流をさらに深めたいとの願いをこめて、縁起の良い「エンジュ」の苗木を市役所内に植樹しました。その他、あじさいで有名な性海寺(しょうかいじ)、愛知県植木センター、荻須記念美術館、市内の小学校、企業等を視察し、表情豊かな稲沢市を知っていただけました。

参加者の声
稲沢市 秘書広報課
南谷 一夫さん
今後も両市間における友好の絆を深めていきたい

 お互いの日程調整をはじめとする様々なやり取りは、国の違いということもあり、やはりスムーズにはいかない部分もありましたが、稲沢市、赤峰市両市民が現地で交流できたのは、大変すばらしいことです。今後も両市の友好をさらに深めていきたいと考えています。

一覧に戻る

中国赤峰市役所を表敬訪問する稲沢市からの訪問団(左)

赤峰市役所

赤峰市役所から見た街並み

ページのトップへ戻る