「第16回わかしゃち奨励賞」審査結果

■審査の経過について

令和3年7月21日  募集開始
令和3年9月24日  募集終了
令和3年11月2日  一次(書類)審査
令和3年11月24日  最終(ヒアリング)審査

■審査委員

坂本 渉  中部大学 工学部応用化学科 教授 【委員長】
秋田 重人  名古屋市経済局 参事
井須 紀文 貝IXIL Technology Innovation本部 分析・環境技術開発部 リーダー
三留 秀人 (国研)産業技術総合研究所 名誉リサーチャー
池口 達治 あいち産業科学技術総合センター 所長
※敬称略

■審査の概要

◎一次(書面)審査
  「新たな付加価値の源泉を創造」をテーマに全国から夢のある研究テーマ・アイデアを募集した結果、基礎研究部門及び応用研究部門合わせて21件の提案がありました。一次審査では、提案書の書類審査を基に最終審査対象者を決定しました。

◎最終(ヒアリング)審査
  一次審査を通過した提案について、7分間のプレゼンテーションと5分間の質疑応答による審査を行い、基礎研究部門の最優秀賞1件、優秀賞3件及び応用研究部門の最優秀賞1件、優秀賞1件を決定しました。


■審査結果について

【基礎研究部門】
[最優秀賞:1件]
○金沢大学 ナノ生命科学研究所 教授 高橋 康史 氏

 「ウィルスの取り込み過程の可視化に資する新奇プローブ顕微鏡の開発」
[優秀賞:3件]
○名古屋大学大学院理学研究科 助教 有安 真也 氏
 「不活性気体を調節因子とする酵素反応制御技術の創製」
○大阪大学大学院工学研究科 テニュアトラック助教 岡 弘樹 氏
 「クリーンエネルギー製造に向けた革新的触媒としての導電性高分子」
○名古屋大学大学院工学研究科 助教 鈴木 飛鳥 氏
 「次世代モビリティの革新的軽量化に資する高強度金属/樹脂接合」
基礎研究部門受賞者集合写真※岡氏につきましては、県外在住のためオンラインにて表彰式及び優秀提案発表会にご参加いただきました。


【応用研究部門】
[最優秀賞:1件]
○名古屋大学大学院創薬科学研究科 助教 蟹江 慧 氏
 「医療応用を目指したペプチドマテリアル創出DX研究」
[優秀賞:1件]
○名古屋大学大学院理学研究科 研究員 秤谷 隼世 氏
 「キャリアフリー核酸送達プラットフォームのmRNA医薬への展開」
応用研究部門受賞者集合写真