ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

戸籍謄本又は戸籍抄本

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月2日更新

戸籍謄本又は戸籍抄本が必要な場合、発行日から6か月以内のものを御用意ください。
※電算化された戸籍の場合は全部事項証明書又は個人事項証明書

なお、戸籍の内容の詳細については、市区町村役場の戸籍担当課に御確認ください。

戸籍謄(抄)本が必要な方

  1. 新規申請をされる方
  2. 記載事項変更申請をされる方
  3. 切替申請をされる方
    ※有効中のパスポートをお持ちで、氏名や本籍地の都道府県名等に変更がない方は省略できます。

戸籍謄(抄)本を省略できる方

有効期間内の切替申請で、パスポートの記載事項(氏名、本籍地の都道府県名、性別等)に変更のない方は、戸籍謄本又は戸籍抄本の提出を省略することができます。

ただし、以下の方は戸籍謄本又は戸籍抄本の提出を省略できませんので注意してください。

  • パスポートの記載事項(氏名、本籍地の都道府県名、性別等)が変わった方
  • パスポートを著しく損傷した方
  • 外国人との婚姻等のため初めてヘボン式以外のローマ字表記や別名併記を希望される方

なお、戸籍謄本又は戸籍抄本の提出を省略される場合でも、申請書には本籍を戸籍のとおりに番地まで記入する必要がありますので、申請の際は、事前に番地までの本籍を確認しておいてください。

家族で同時に申請をする場合

同一戸籍内にある2人以上の方が同時に申請する場合は、戸籍謄本1通で共用できます。

記載事項に変更がある方

パスポートの記載事項(氏名、本籍地の都道府県名、性別等)に変更がある方で、切替申請又は記載事項変更申請を行う際に、提出された戸籍謄本又は戸籍抄本で記載事項の変更内容が確認できない場合、された最新の戸籍謄本又は戸籍抄本とは別に、有効中のパスポートの記載事項が確認できる戸籍謄本(抄本)等が必要になる場合があります