「第14回わかしゃち奨励賞」優秀提案発表会
科学技術交流財団研究交流クラブ第202回定例会(合同開催)
第32回中部科学技術交流会(合同開催)

■「イノベーションで未来に挑戦」
 〜次世代成長産業の創造〜

 愛知県、公益財団法人科学技術交流財団及び公益財団法人日比科学技術振興財団では、平成18年度から、優れた若手研究者の研究テーマ・アイデアの提案に対する顕彰制度「わかしゃち奨励賞」を設け、表彰を行っています。
 本年度は、「イノベーションで未来に挑戦〜次世代成長産業の創造〜」をテーマに提案を募集した結果、基礎研究部門及び応用研究部門合わせて23件の提案があり、有識者で構成する審査委員会において、8名の受賞者を決定しました。
 つきましては、令和2年1月20日(月)に表彰式及び受賞者による優秀提案発表会を開催します。
 当日は、東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構 教授(初代機構長)  村山 斉 氏による基調講演「宇宙の謎からイノベーションへ」及び交流会も開催します。
 多くの皆様の御参加をお待ちしております。
【基礎研究部門】
[最優秀賞:1件]
○京都大学大学院工学研究科 准教授 坂本 良太 氏

 「革新的ナノカーボン材料「単層グラフィジイン」の精密合成とその半導体特性の解明」
[優秀賞:3件]
○名古屋工業大学大学院工学研究科 テニュアトラック助教 片山 耕大 氏
 「色覚視物質の構造解析と色覚異常の治療薬開発への挑戦」
○豊橋技術科学大学電気・電子情報工学系 准教授 河村 剛 氏
 「新規なアルミベース光電極の開発とプラズモニック太陽光水分解」
○自然科学研究機構生命創成探究センター 特任研究員 松尾 宗征 氏
 「「自ら増殖する薬」の創出を志向したペプチド液滴製造技術の開発」
【応用研究部門】
[最優秀賞:1件]
○静岡大学工学部電気電子工学科 助教 青山 真大 氏
 「48Vハイブリッド車用低コスト高出力自動可変界磁モータの開発」
[優秀賞:3件]
○名古屋大学大学院工学研究科 特任助教 有馬 彰秀 氏
 「ナノバイオデバイスを用いた革新的1細胞診断法の創成」
○名古屋大学高等研究院医学系研究科 S-YLC特任助教 佐藤 和秀 氏
 「抗体薬物複合体を用いた新規光治療開発」
○名城大学理工学部電気電子工学科 准教授 田崎 豪 氏
 「学習環境への背景データ置換による未知物体把持ロボット」

■第14回わかしゃち奨励賞 優秀提案発表会

日 時:令和2年1月20日(月) 午後2時〜午後5時20分
    (受付開始 午後1時30分)
場 所:キャッスルプラザ 4階 鳳凰の間
    (愛知県名古屋市中村区名駅4丁目3-25)
参加費:無料
(交流会については、科学技術交流財団研究交流クラブ会員以外の方は、2,000円の参加費が必要となります。)

【プログラム】
午後2時00分〜午後2時5分 開会挨拶
午後2時5分〜午後3時15分 基調講演
「宇宙の謎からイノベーションへ」
 東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構
   教授(初代機構長) 村山 斉 氏
午後3時25分〜午後3時45分 第14回わかしゃち奨励賞 表彰式
午後4時00分〜午後5時20分 第14回わかしゃち奨励賞 優秀提案発表会
※プログラム終了後、午後5時30分から同ホテル4階「山吹の間」で交流会を開催します。

■申込み方法

 申込書に必要事項を記入し、令和2年1月13日(月・祝)までに、FAXまたはメールで以下の申込先に送付してください。 申込用紙については、こちらからダウンロードしてください。
○申込用チラシ(PDF) ダウンロード
○申込用チラシ(表面pptx) ダウンロード
○申込用チラシ(裏面pptx) ダウンロード
○申込先・・・(公財)科学技術交流財団 業務部 担当 丹羽
 FAX:0561-21-1651 メール:research@astf.or.jp