ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 火薬類取締法関係 > 休止届(製造施設等)

休止届(製造施設等)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月1日更新

製造施設等休止の届出

 火薬類の製造業者は、、火薬類の爆発若しくは発火の危険がある製造施設のうち経済産業省令で定めるもの(以下、「特定施設」という。)及び特定施設における保安の確保のための組織及び方法について、経済産業省令で定めるところにより、定期に、都道府県知事が行う保安検査を受けなければなりません。

 ただし、使用を休止した特定施設であり、前回の保安検査(保安検査を受けたことのない特定施設については、完成検査)を受けた日からその特定施設を再び使用しようとする日までの期間が1年以上であるもので、その旨を都道府県知事に届け出た場合は、保安検査は行いません。

 特定施設

 経済産業省令で定める特定施設の範囲は次のとおりです。

1.危険工室

2.火薬類一時置場

3.日乾場

4.不発弾等解撤工室等

5.移動式製造設備用工室

6.移動式製造設備

 製造施設等休止届出関係書類

提出部数 2部

1.製造施設等休止届 [PDFファイル/63KB][Wordファイル/32KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)