ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 高圧ガス保安法関係 > 容器検査所廃止届

容器検査所廃止届

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月22日更新

容器検査所廃止届について

 容器検査所の登録を受けた者は、容器再検査又は附属品再検査の業務を廃止したときは、遅滞なく、その旨を都道府県知事に届け出なければなりません。(高圧ガス保安法第56条の2、容器保安規則第39条、国際相互承認に係る容器保安規則第29条)

 また、容器検査所登録票の交付を受けた者は、容器再検査又は附属品再検査の業務を廃止したときは、遅滞なく、当該容器検査登録票を、都道府県知事に返納しなければなりません。(容器保安規則第32条第2項、国際相互承認に係る容器保安規則第23条2項)

提出書類

容器検査所廃止届 [Wordファイル/86KB]

・容器検査所廃止届 記載例 [PDFファイル/34KB]

・容器検査所登録票

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)