ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 高圧ガス保安法関係 > 容器検査所登録更新申請

容器検査所登録更新申請

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月2日更新

容器検査所登録更新申請について

 容器検査所の登録は、5年ごとにその更新を受けなければ、その期間の経過によってその効力を失います。(高圧ガス保安法第49条の9及び高圧ガス保安法施行令第11条)

 なお、登録の有効期間が満了する1月前までに申請を行うようにしてください。

 また、容器検査所登録票の交付を受けた者は、交付を受けた日から5年経過したとき、遅滞なく、当該容器検査登録票を、都道府県知事に返納しなければなりません。(容器保安規則第32条第2項、国際相互承認に係る容器保安規則第23条2項)

提出書類

容器検査所登録更新申請書 [Wordファイル/99KB]

・容器検査所登録更新申請書 記載例 [PDFファイル/127KB]

検査所に関する説明書

・検査所に関する説明書 記載例 [PDFファイル/178KB]

容器再検査対象容器一覧表 [Wordファイル/21KB]

・容器再検査対象容器一覧表 記載例 [PDFファイル/92KB]

検査設備明細書(アルミニウム合金製スクーバ用継目なし容器、一般継目なし容器、溶接容器又はろう付け容器を検査する場合)

検査設備明細書(超低温容器を検査する場合)

検査設備明細書(一般複合容器を検査する場合)

検査設備明細書 [Wordファイル/153KB](圧縮天然ガス自動車燃料装置用容器、圧縮水素自動車燃料装置用容器、国際圧縮水素自動車燃料装置用容器、圧縮水素二輪自動車燃料装置用容器、圧縮水素運送自動車用容器及びこれらの容器に装置されている附属品を検査する場合)

検査設備明細書(液化天然ガス自動車燃料装置用容器及び液化天然ガス自動車燃料装置用容器に装置されている附属品を検査する場合)

検査設備明細書 [Wordファイル/52KB]国際相互承認圧縮水素自動車燃料装置用容器、国際相互承認圧縮水素二輪自動車燃料装置用容器、国際相互承認圧縮天然ガス自動車燃料装置用容器、国際相互承認液化天然ガス自動車燃料装置用容器及びこれらの容器に装置されている附属品を検査する場合)

検査設備明細書(一般附属品(圧縮天然ガス自動車燃料装置用容器、圧縮水素自動車燃料装置用容器、国際圧縮水素自動車燃料装置用容器、圧縮水素二輪自動車燃料装置用容器、圧縮水素運送自動車用容器、液化天然ガス自動車燃料装置用容器、国際相互承認圧縮水素自動車燃料装置用容器、国際相互承認圧縮水素二輪自動車燃料装置用容器、国際相互承認圧縮天然ガス自動車燃料装置用容器及び国際相互承認液化天然ガス自動車燃料装置用容器に装置されている附属品以外の附属品)を検査する場合)

・検査所附近図

・検査所内配置図

・容器検査所登録登録票の写し

 なお、登録更新後、遅滞なく容器検査所登録登録票の原本を返納してください。

※手数料が必要です。(16,000円)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)